忤うことなきを旨とせよ of 興國禅寺



HOME > 法話 > 忤うことなきを旨とせよ

忤(さから)ふること無きを宗(むね)とせよ

DSCN0345.JPG

 「和を以て貴しと為し、忤ふること無きを宗とせよ」というゆ有名な言葉があります。ご存知の聖徳太子が制定された「十七条の憲法」の一節です。憲法といっても現代の憲法の内容とは異なり、国民すべての人々の“心構え”のような意味合いを持っています。
 「和を以て貴しと為し」という言葉を鵜呑(うの)みにして、若い年頃の私は「平和はこの上なく貴い、みんなで平和を護りましょう」ぐらいにしか解釈できずにおりました。
ところが「忤ふること無きを宗とせよ」という言葉を続けると、意味が分からなくなってきます。“忤”は、立心偏(りっしんべん)に“午”(午前午後)という字を書きます。試みに漢和辞典を繙(ひもと)いてみると、“忤”とは「みだれる」つまりバランスを崩すという意味であることが分かりました。
 そうすると平和という意味より、調和という言葉が当てはまるかと思われます。それを踏まえて、もう一度この憲法を読んでみると、こんな解釈ができるのではないでしょうか?

「世の中の物事は、すべて調和ということが大切である。決して片方にだけ偏ることなく、常に公平に見て、双方の納得できるバランス(即ち“調和”)を考えなければならない。」

 争いや紛糾(ふんきゅう)の原因は、お互いの言い分が通らぬところから始まります。「十人十色」といって、10人には十種類の見方があり、主張があります。それを一方だけに賛成し、一方の意見は無視すると、ますます争いじゃ拡大してとどまることを知りません。
 両者の意見を良く聞いて、お互いに我慢しあって「こうする他にない」という落としどころを見つけるのが、世の中の“平和”の基盤かと思われますが、如何でしょうか?

◇平成29年の法話

◇平成28年の法話

◇平成27年の法話

◇平成26年の法話

◇平成25年の法話

◇平成24年の法話

◇平成23年の法話

◇平成22年の法話